【ウエディングSTORY】おおきな お母さん

【ウエディングSTORY】おおきな お母さん

 

ウエディングドレス

 

今までの自分の軌跡を想い出してみると

そこには常に母の存在があった。

母は偉大で尊敬できる女性。

ぶれることのない大きな女性。

私を女でひとつで育ててくれた、

自分に厳しく、そして人にも、かなり厳しい。

泣き虫だった幼少時代。

泣いて家に帰ると、

なぐさめてくれるかと思いきや・・

「泣いて帰ってくるんじゃない」と厳しい口調で言われた。

当時は、なんて厳しいのだろう?と思っていた。

少しだけ大きくなった母のアドバイスや助言が言葉がうるさいな・・・

と感じるようになった。

好き勝手して、母の言うことに耳を傾けることは一切なくなった。

私が母の言葉を無視すると、

ものすごい恐ろしいオーラを出し一喝されたこともあった。

ツンケンした態度をとっていた私も一瞬にしてひるんでしまったのを覚えている・・・笑

少しギクシャクしていた時期、反抗期だったのかな・・・。

それなりに楽しくは過ごしていたけれど。

母の忠告を無視して。

正直“失敗したなぁ”と感じたこともあった。

仕事をがむしゃらにしている という印象だった母だが

母なりにコミュニケーションを取ろうとしてくれていたのか

週に1回2回は、夜に本屋さんに連れて行ってくれた。

私が “面倒” と一言返しても、

“いいから行くよ”と一言。

なんとなく着いて行っていた。

今思えば大切な時間だった、

この時間がなかったら学生時代は
もしかしたら母との時間はほとんど
なかったのかもしれない・・・。

大人になって、学生時代では考えられないほど

母とは良好な関係を築けていた。

社会人5年目になり結婚を意識するようになった。

母に「会ってほしい人がいる」

と話しを切り出すと、快く了承してくれた。

すると「お付き合いしてどれぐらいになるの?」と。

「3年ぐらいかな・・・」

「やっぱり」

「ん?」

「私が厳しく育てたせいかもしれないけれど
ずっと気を張ってるというか、そんな印象があったのよね。
だけど2年半前ぐらいから、柔らかくなったな・・・と思っていたんだよ。
自分の弱い部分も受け入れて好きになれたのかもね。
その人に出会ってきっと変わったんだね」

そんな風に思っていたなんて考えてもいなかった。

母は厳しく、そして優しく、真っ直ぐ

いつも私を見ていてくれたのだ。

何もかも自分の思い通りにしてきたけれど、

きっとお母さんが言っていたことは全て正しかったんだよね。

今まで本当にありがとう、そして反抗ばかりしてごめんね

結婚式の日はありったけの感謝を伝えよう

これからも、よろしくお願いします。

 

花嫁と母

 

おかあさん。

 

 

 

JBブライダルフェア情報

随時開催|ジャルダン・ドゥ・ボヌール|ブライダルフェア情報

札幌の結婚式場|ジャルダン・ドゥ・ボヌール|動画札幌の結婚式場|ジャルダン・ドゥ・ボヌール|コンセプトムービー

札幌の結婚式場|ジャルダン・ドゥ・ボヌール【公式】札幌でガーデンウエディング|ジャルダン・ドゥ・ボヌール