【ウエディングSTORY】似たもの同士

【ウエディングSTORY】似たもの同士

 

なんとなく結婚式ってお父さんとバージンロードを歩いて、、、

と思ったのに、お父さんにお願いするとあっさり断られてしまった。

何故なのかわからず私も意地を張り喧嘩

いつもお父さんは頑固で昔から沢山喧嘩をした。

いつもは何となく仲直りをしていたけど

今回は何故だかずっとお父さんと話が出来なくて

結婚式の前日まで来てしまった。

プランナーさんには当日まで誰と歩くのか待ってもらっていた。

お母さんが見かねて私に教えてくれた。

お父さんだって寂しいんだ、お父さんは恥ずかしがり屋なのも忘れていた。

私が一緒に歩いてほしいとお願いした日から毎晩アルバムを見返している事

私に直接話せないからお母さんに準備は順調なのかと心配して聞いていた事

私はまだまだ子供で

お父さんはなんとなくスーパーマンの様ななんでもできる人だと思っていた

もちろん今でもスーパーマンだけど

物凄く申し訳なくなって思い切って手紙を書いた。

次の日読んだのか読んでないのかわからないままドレスを身にまとう

お父さんとは歩けないので

彼の後に1人で歩いていく事にした。

彼が扉の中に消えていく

一瞬で不安になって涙が出そうだった

まもなく入場ですとプランナーさんの声

扉が開き前を向き歩き出そうとしたら

目の前には涙でいっぱいのお父さんが立っていました

遅いぞ、恥ずかしいじゃないか

なんて言って 一緒に歩いてくれた

彼に娘を頼みますと一言言うと

すぐ席に戻り

歩いたことはなかったかの様にする

意地っ張りで恥ずかしがり屋だな なんて思っていると

彼が隣でそっくりだねなんて笑う。

全然似てないよ!

でもお父さんのおかげで笑顔になれた

私のお父さんは最高なお父さん

 

結婚式|父親|ジャルダンドゥボヌール

 

 

 

JBブライダルフェア情報

随時開催|ジャルダン・ドゥ・ボヌール|ブライダルフェア情報

札幌の結婚式場|ジャルダン・ドゥ・ボヌール|動画札幌の結婚式場|ジャルダン・ドゥ・ボヌール|コンセプトムービー